血糖値測定器を個人輸入して自己測定

買うなら消耗品の単価の安いものが結果続けられる

海外製の血糖値測定器が安かったので、個人輸入してみました。

安いというより、本体は実質無料
センサーが日本で買う半分程度の価格です。
針(ランセット)もほぼ無料レベルの安さ。

↓それが、こちらです。

Acon(エイコン)社のOn Call Express(オンコールエクスプレス)です。
海外では、安くてメジャーな血糖値測定器らしく、海外の通販サイトやeBayなどでよく見かけます。

「購入したいけどちょっと不安」という場合

以下に当てはまる場合、多少なりとも参考になる情報が残せるかと思います。

『今のところ健康だけど個人的に血糖値を知りたい』

私も今のところ、健康です。
糖尿病などではありませんが、色々な理由から血糖値を測る必要性を感じました。

  • 家族に糖尿病患者が居ること
  • 今までの食生活での反省点
  • 甘いものが割と好き
  • パン食が多い

糖質という部分では、思ったより摂取しているんじゃないかという不安な部分もあります。そこで、血糖値を知ろうと思ったのがきっかけです。

『出来るだけ費用を抑える方法を知りたい』

購入となると、まず、どの位のお金が必要となるのが気にりました。
で、色々と調べてみると、初回セットとして、だいたい5千円前後~2万円前後で一通り揃えられるようです。

更に調べていくと、注意すべき事は、ここだけではありません。

『通販でサクっと面倒無く購入したい』

インターネット時代にわざわざ店頭へ…。
そんなの面倒でしかありません。

近くの薬局ですぐ買えるなら良いですが、取り扱いも偏っていたり、すぐ手に入らなかったりする場合もあります。

血糖値測定器関連に限らず、今すぐ必要なものや手に入れたいものがあると近くで売っていないかと探しに行く事があるのですが、大抵の場合、目当てのものは見つかりません。結局、数時間を無駄に帰宅するのがいつものパターンです。

その点、ネットなら空振りする事も少ない。
特に、この血糖値測定器のように、取り扱いが限られている場合は、尚更です。

それから、プライバシーという意味でも対面より気が楽だと思います。

私は、今現在、糖尿病では無いので気にする必要はありませんが、中には、顔バレなど、プライバシーでシビアになってしまう事もあると思います。その辺を踏まえても、ネットで済ませた方が自分の状況に合っています。

結論:私はコレを買いました

ACONというメーカーの血糖値測定器(オンコールエクスプレス)を個人輸入しました。

Q:これにした一番の理由は?
A:センサーが安いこと

Q:二番目の理由は?
A:センサーが通販(個人輸入)できること

Q:三番目の理由があるとしたら?
A:センサーの品切れが無さそうなこと

Q:四番目なんですが…、やっぱり?
A:センサーの定期購入だと更に安いこと

という事でセンサー(測定チップ)が、購入の決め手です。

センサー(測定チップ)になぜこだわる?

血糖値測定で必要なものをいまいち把握してない方の為に…。
なぜ、ここまでセンサーにこだわるのかというと、そもそも、一番お金がかかってくるのがコレだからです。

センサーは、同じものを使えません。
つまり、消耗品です。

じゃあ、なぜここのセンサーなのかというと、日本のメーカーから出ているものは、高いからです。1枚100円以上するのが普通です。

つまり、1回測定する度に100円がチャリーンと減っていく。
これを毎日繰り返す。
出費が嵩みます…。

という事で、「じゃあ、センサーが安いところ!」で探したらありました。
もしも、これ一枚が100円以上だと、「高っ!!」って思いますが、50円~60円位なら「まだマシか…」と思えるのではないでしょうか。

他にも、”血糖値測定器のセンサーは、日本だと通販できない”とか色々と理由は有って、結局、ここに落ち着いたという感じですが、結果オーライです。

コレより安いセンサーを見つけたら、そちらに切り替える予定です。

血糖値測定で必要なもの

初めてならこの辺もワカラナイかもしれませんので、一応、確認しておきます。

■必須

  • ○:本体(血糖値測定器)
  • ×:センサー(測定チップ)
  • ○:針(ランセット)
  • ○:穿刺器(針用)

■あると便利

  • 消毒液
  • ガーゼ or ティッシュ

針(ランセット)は、センサー以外の消耗品として必要となります。
これは、ネットで買えるので、これだけ日本でという方法もアリかもしれません。

でも、これも、日本で買うより海外から直接通販した方が安いです。
なので、費用負担を抑える事が第一なら、海外製。

尚、センサーと針、この二つの消耗品は、ACONのものがリピート購入できるので、それが安いです。

センサーと針をもっと安くしたいなら…

定期購入が最安です。

単純に比較すると…

  • センサー:『1枚59円』→『1枚39円』…20円割引(1枚)
  • 針:『100本セット600円』→『100本セット無料』…タダ

こうなります。

(個人的アドバイス)

最初は、50枚か100枚のセットを買って試すので十分です。
本格的に続けるつもりでも、いきなり200枚の定期購入は必要無いかなと。

実際に使ってみると、やれ、生活が忙しくてその暇が無かったり、面倒になったりで、結局、血糖値の測定をしなくなる事もあります。
その辺の使用頻度を実際に確認してからで良い気がします。

最初に必要となる本体や穿刺器の価格は?

ACONに関してですが、『無料』です。
タダで貰いました。
本体と穿刺器。それと、針も100本貰いました。

理由は単純。
センサーと針が消耗品で必要となります。
つまり、血糖値測定を続ける以上リピーターとなるワケです。

「本体と穿刺器、針はサービスです。」という事です。

その代わり、センサーは、最初からお金かかります。
このセンサーを一番最初買ってくれたお客さんに、サービスで送りますよという事らしいです。なので、その為の手続きも必要ありません。

私も、センサーと針頼んだら、勝手に送ってもらえました。
この辺のサービスの違いも踏まえても、海外の方がお得だし手間もかからない。

ただ、問題点もあります。
それは、今すぐ欲しい場合。

個人輸入は時間がかかるよね…

この血糖値測定器一式が実際に届くまで実際にかかった日数は、
注文から『10日』でした。
ちょっと長く感じるかもしれません。

「個人輸入ならその位かかるでしょう…」と思うなら問題ありません。
それに、日本の薬局で入手する場合も下手したらこの位かかると思います。

取り寄せだったりすれば、同じ位かかるかもしれません。それに、海外製を他の方法で通販すると、2週間、3週間はザラです。
しかも、海外のオークションサイト経由は、個人売買もあるので粗悪品なんて事も…。

購入方法などの注意点

  • 「英語力に自信が無いんだが…」
  • 「クレジットカードは使える?」

という場合。

これは、心配ありません。
まず、日本語対応、決済もクレジットカードで完了できました。

今、海外に拠点を置いている法人でも、日本人経営というのは、珍しくありません。ここも、その一つのようです。

また、カード決済の時、サイトによっては、「http」の場合がありますが、ちゃんと、セキュリティ認証の「https」なので大丈夫そうです。

私は、カード決済ですが、代引き・後払いも使えるので、「カードだと心配なんだが」「そもそもカード持っていないんですが…」という場合は、手数料(400円)を別途払えば、気にせず購入する事が出来ます。

血糖値測定器を実際に使ってみて思うこと

使いやすいし、見やすいです。

その上、全く初めての血糖値測定器という場合でも、日本語マニュアルが付属しているので、これ見れば、ほぼ大丈夫。

最初は、「ちょっと本体が大きいかなぁ」と思いました。
でも、使っていくうちに、「表示見やすくて良い」に変わりました。

チップの脱着、針の取り外しもワンプッシュで出来ます。
(この辺は、実際使ってみるとすぐわかります。)

(初回の注文方法がわからない場合)

初めての場合、センサーのみ注文すれば、血糖値測定器一式(本体、穿刺器、ランセット100本)が自動的に送られてきます。

また、センサーを初回で200枚分など多めに購入する場合、初回無料セットに含まれているランセット(針)の本数は100本なので、不足分を一緒に注文する必要があります。

よくわからないという場合は、サポートデスクに連絡すれば安心です。

血糖値の測定検証
食品関連情報
プロフィール
運営者プロフィール