サツマイモ2本での血糖値

品種による違いを確認

まずは、いつも通り食事前の血糖値です。

【↓】食前:94mg/dL

今回は、こちらのサツマイモ2個。
品種は鳴門金時。ほのかな甘みで飽きの来ない味。

【↓】食後すぐ:111mg/dL

前回(129mg/dL)より血糖値の上昇が緩やかです。

【↓】食後30分:116mg/dL

ほぼ変化なし。

【↓】食後1時間:118mg/dL

やや上がりましたが、相変わらず横ばい。

【↓】食後1時間30分:111mg/dL

キープ。

という事で、今回と前回のサツマイモでの血糖値を比較すると、品種による甘さの違いが、血糖値に反映していると実感しました。

前回は、紅あずまいう品種で甘さも結構強かったのに対し、今回食べた鳴門金時は、甘さもそれほど強くありませんでした。

最近よく思う事ですが、食品の中でもトマト、トウモロコシ、そして、サツマイモなど、とにかく甘さを強くしたものが増え、こうした野菜すらも安心して食べられません。

サツマイモを食べる時、これからは、鳴門金時を選ぼうと思います。

血糖値の測定検証
関連情報
食品関連情報
プロフィール
運営者プロフィール