ケーキとパンの混合で血糖値を検証

意外と上がらない結果に…

前日に髪を切りに行った時の事。

担当してくれたスタイリストさんと雑談の雑談の中で
どこのパン屋が美味しいのかという話題になり、
「クロワッサンがやたらと大きなお店がある」という情報を入手。

早速そのお店へ行ってみると、休日…。

その翌日、たまたま用事で近くを通りかかったので、
ついつい買ってしまいました。

ちなみに、パンよりケーキメインのお店でした。

ケーキが小さいのではなく、クロワッサンが大きいのは、
いつもパンを入れている木の皿のサイズで確認いただると思います。

という事で今回は、パンとケーキの混合で検証します。

この日も変わらず朝抜き(ヨーグルトのみ)で出かけ、
何かとする事があり14時過ぎに昼食。

【↓】食事前:75mg/dL
食事前は、だいたい同じ位。

【↓】食後すぐ:125mg/dL
クロワッサンは、表面がパリパリのベタベタでした。
味は、美味しかったです。

【↓】食後30分:101mg/dL
既に100程度?これは、おかしい…。
採血の時に少し絞り出した感じが有ったので再チェック。

【↓】食後30分(2回目):108mg/dL
やっぱり、糖質の割に低め。
考えられるのは、断食時間がやや長かったからかもしれません。

【↓】食後1時間:94mg/dL
もう既に、ここまで下がって来ている状態。
乱高下して上がるパターンかと思っていただけに、一安心のような、むしろ安心できないような気がします。

【↓】食後1時間1時間30分:92mg/dL
やっぱり、下がってます。

という事で、今回は、砂糖の脅威を実感する事無く検証終了となりました。

悪い結果は、もちろん嫌なのは言うまでもありません。
でも、内容から考えても意外と血糖値が上がらないと、それはそれで大丈夫なのかと心配になるという…。

まだまだ、食事と血糖値の関連が把握できていないように思えました。

関連情報
血糖値の測定検証
食品関連情報
プロフィール
運営者プロフィール