4種類のパンで血糖値の変化を再チェック

上がりやすく落ちにくい、しかも…

以前、パン食での血糖値の変化を記録したところ、
その数値の上がり具合にちょっとビビリました。

パンはグルテン云々だからでもあるだろうけど、
GI値が高いからだろうけど、
それらを抜きにしても、血糖値の上がり方が…。

そこで、もう少し具体的な結果を出そうと思い、
再チェックを行いました。

その前に、食事前の血糖値です。
朝は、意図的に抜いているので、
これで少し活動していると大体75mg/dL~80mg/dL位です。

という事で、早速、
時々買い物するベーカリーからパンを買ってきました。

ヨモギあんパン、塩パン、くるみパン、チョコチップくるみパン。
果たしてどの位上がるのか気になります。

【↓】食後すぐ(13時20分)

まずは、食後すぐの血糖値です。
食前からプラス44mg/dLと考えると、結構な上がり具合。
こういう方が食後高血糖になりやすいらしいですよね…。

【↓】食後40分ほど(13時59分)

時間計算を見誤り、食後40分となりました。
ここがピークでした。

【↓】食後1時間10分ほど(14時31分)

食後2時間値で考えれば、全然余裕ではあるものの…。
普段の食事内容だと、この時点で100mg/dL位まで落ちています。

【↓】食後1時間40分ほど(15時06分)

ようやく100mg/dLを切りました。

今回は、140mg/dLまでは行かなかったものの、
割とそれに近しい値が出たこと。
また、血糖値の下がり具合もちょっと遅いかなというのが個人的印象です。

それから、パン食後は空腹になると手が震えてくる事があります。
この症状は、しっかり三食だった頃も空腹になると、
同じような状態になっていました。

まだ、自覚した回数が少ないので、
これが、本当にパンだからなのかはわかりませんが、
今までの経験上、そんな気がしているので、
普段とパン食での違いを意識してみようと思います。

何か違いがはっきりしたら、また情報を掲載すると思います。

関連情報
血糖値の測定検証
食品関連情報
プロフィール
運営者プロフィール