HbA1c値と糖尿病のリスク

対策しないと悪化する一方だそうです

まず、糖尿病予備軍となる心配が無い人のHbA1c値は、5.3%以下だそうです。
次に、糖尿病かどうかのボーダーとなるのが6.4%。

ここを超えると、基本糖尿病と診断されるそうです。

となると…。

HbA1c値が5.4%を超えていても6.4%以内はギリギリセーフ?

確かに、まだ予備軍段階で糖尿病と診断されるまでは行きませんが、そう楽観視できませんよね…。予備軍なんだから…。

HbA1c検査は、過去1ヶ月~2ヶ月の血糖値(平均)の反映。

食事によって上下動の激しい血糖値とは異なり、1~2か月の血糖値の平均を判断材料に測定する事からもわかるように、その数値が5.3%を超えているということは、自分の体は常時、高血糖の傾向が強いということを示すのだとか。

そして、5.4%を超えたら糖尿病特有の症状が現れるという事でも無く、何も改善策を講じずにそのままにしておくと、50%以上の確率で、半年以内にHbA1cが6%以上に上がり、糖尿病と診断されてしまうそうです。

そのため、HbA1c値がギリギリ5.3%以下だから正常だったというワケでも、6.4%超えていないから、まだ、糖尿病までは猶予があるという事でもなく、何も対策せずに居ると糖尿病に発展する危険性は高いんだなとわかりました。

まだ、HbA1cの測定まではしなくても大丈夫かなと思っていますが、実際にどの位なのか具体的に把握する上でも、いずれ試してみようかなと思います。

このHbA1cの測定器が血糖値測定器よりもやや高額の傾向にあるので、ちょっと手が出しにくいんですよね…。

関連情報
血糖値の測定検証
食品関連情報
プロフィール
運営者プロフィール