運営者プロフィール

血糖値の自己測定を始めた理由

こんにちは。当サイトの管理人です。

現在30代の私は、糖尿病と無縁な生活を送れているように思っていましたが、同時に、実際に血糖値がどのように推移しているのか不安に思う事もあります。

事実、数年前に勤めていた会社の健康診断で「体型の割に血糖値が高いねぇ」と医者から言われたこともありました。

当時は、夜勤中心の生活で睡眠時間も安定せず、夜勤中の夕食やその日の朝はコンビニ弁当という生活をしていた事も関係したのかもしれません。

このように、「若いから…」「やせているから…」と問題視していなかったのに実は高血糖で健康が脅かされているなんて事が無いとも言い切れないので、血糖値の自己測定の必要性を感じるようになってきたのでした。

そこで、色々調べてACONの血糖値測定器一式を個人輸入したのですが、最初は、「もしも思ったより高い数値だったらどうしよう…」という不安が有り、中々最初の一歩が踏み出せず半年以上使わずにいました。

でも、今は、自分の体を知るための情報ツールとして活用しています。

食事の内容や食べ方による血糖値の推移などを知ると色々な発見があります。例えば、沢山食べたハズなのに以外と低い数値で安定していたり、少ない量でも急激に血糖値が高くなるなんて事もあります。

他にも、どんなに空腹でもこれ以上下がらないというボーダーラインがあるなどです。

こうした自分の体に起こる血液の変化を知る事で、自分に合った食事内容を知る経験にもなるので、今は、血糖値の自己測定を始めて良かったなと思えています。

サイト概要

糖尿病予防の為に血糖値測定を使ってわかったことを書き残しています。

色々な食品で血糖値を調べたりしながら、血糖値の変化や改善方法などについて経験ベースで掲載していくつもりです。

今までも健康についてよく考えてきたつもりだったものの、”栄養はしっかりバランスよく毎日欠かさず摂らなくてはならない”という最もらしいことが、今までの経験上、どうも正しいとは思えなくなってきました。

それよりも、摂取する栄養を意図的に減らしたり、食事回数を減らしたりする方が結局健康に直結しているんじゃないかとも感じたりします。

当サイトも間違いは多いと思いますが、世の中もウソだらけです。

医療情報なんて、どこぞの業界の都合の良いように結論づけられます。

そうした情報に惑わされず、自己判断力を養うヒントとなり得る情報を書き残せていけるように努力したいと思います。

免責事項

個人的な考えも多いので、間違った情報も多分にあると思います。

その辺は、適当に読み流してください。
いずれにしても、あくまでも参考程度とし、何らかのトラブルなどが生じても、こちらが一切の責任を追うことは出来ません。

ネット上の情報なんで…。

また、個人輸入を行う場合なども自己責任なので、あしからず。

血糖値の測定検証
関連情報
食品関連情報
プロフィール