アスパルテームという人工甘味料はどういうもの?

人工甘味料の中でも特に注意すべきなんだとか

まだ、荒削りな情報です。
そのうち修正していきます。

アスパルテームはどんなもの?

  • 1gあたり4kcal
  • 砂糖の200倍の甘さ
  • 体内では、アスパラギン酸、フェニアルアラニン、メタノールに分解
  • 前者二つが、インスリンとレプチンの放出を促進し結果太るそうな
  • メタノールは、神経毒として知られている

とのことです。

良く取り上げられている人工甘味料の一つという感じがしますが、アスパルテームに含まれる成分(フェニルアラニン、アスパラギン酸、メタノール)が色々と悪いそうです。

対して、こんな意見もありました。
科学的根拠を踏まえたそっち系に詳しい人の情報を参考にすると…。

アスパラギン酸

「脳の興奮性神経伝達物質だけど、多く含んでいるアスパラガスを食べ過ぎたらダメっていう情報無いでしょ?」

という内容でした。

なるほど。
確かに食品を持ち出されると、どうなのか気になりますが、アスパラガスには、他の食材ほどアスパラギン酸が含まれていないそうです。

アスパラギン酸は、加熱調理で失われるそうなので、生食で大量に食べても大丈夫なら問題ないのかもしれません。

フェニルアラニン

「フェニルアラニンは必須アミノ酸で人間が生きていくに必要なものでしょ?」

とのこと。

確かに。フェニアルアラニンは、身近な食品の多くに含まれている成分だと知りました。
ただ、これを多く含むものが、カゼイン、大豆タンパク、小麦タンパク(グルテン)というのがちょっと気になります。

大豆タンパクはそれ程でも無いけど、カゼイン、グルテンは、吸収されにくく、神経系の働きに支障を来すなど言われている点が気になりますね…。

メタノール

「ダイエット系飲料よりフルーツジュースの方が多いことわかってます?」

とのこと。

果物やワインなどにどうしても含まれているというか、果物自体にも微量ながら含まれているそうですが、この辺も踏まえると、食品からも摂取してしまっている成分となりますね。

メタノールと言えば、悪酔いや二日酔いの原因。有害な蟻酸(ギサン)が出来る上、メタノールはエタノールよりも体から排出速度が10倍もかかるとのこと。

”果物=身体に悪い”というイメージはありませんが、糖質(果糖)も多く、メタノールも含んでいるなら程々にしようかなと思います。

個人的見解

アスパルテームは大丈夫という意見の場合、それそのものが危険云々を指摘するより、日常の食生活の中での方が人工甘味料より多くのこれらを摂取しているということを言いたいのだと思います。

確かに、危険性ばかりをつるし上げるように書くのは、よろしくありませんね。

ただし、どちらが正解に近い情報でも、科学的な数式など机上の空論を用いて断定するのは良くないかなと思いました。

いずれにしても、私の中では、「避けるべき人工甘味料の一つ」としての認識に変わりは無く、リスクを回避する上でも、普段の生活の質という意味でも、アスパルテームを必要とすることはありません。

やはり食品の中に含まれる場合と、科学の力を使って精製されたものが同じとは思えないんですよねぇ…。

関連情報
血糖値の測定検証
食品関連情報
プロフィール
運営者プロフィール